【引きこもりフリーランス】好きなことで生きていく方法

今回は私がフリーランスになったきっかけや好きなことをして生きていく方法についてお話ししたいと思います。

・フリーランスになろうか迷っている方
・どうしても仕事を辞めたくて迷っている方

そんな方のためにこの記事を書いています。

目次

フリーランスになるのは簡単だった

結論からいうとフリーランスは誰でもなれます。

開業届を出してしまえば、ほぼその日からフリーランスとして自分で仕事ができました。

ただ仕事があるかは別問題です。

私の場合はスキルなんて1つもなかったのでお仕事はほとんどありませんでした。

そこでクラウドワークスに登録して案件をいただいたり、知人に仕事を紹介してもらったりしていました。

お仕事を受注できるサイト

フリーランスはなってからが大変

フリーランスになったはいいものの、仕事を自分で取りに行かなくてはいけないのが大変です。

会社にいるときは与えられた仕事だけこなしていればよかったのですが、そうもいかないのです。

それからアフィリエイトやnoteの販売などもはじめて少しずつ生活費が稼げるようになりました。(1年はかかっています)

ただ1年も続けていれば、自分で稼げるようになるのでフリーランスの道を選んで正解だったと思います。

フリーランスになって人間関係で悩まなくなった

私はもともと人付き合いが苦手で飲み会もほとんど参加しない人間なのですが、フリーランスになってからは人間関係で全く悩まなくなりました。

ほとんど仕事のやりとりはチャットで済むのでとても楽です。

上司の顔色を伺ったりしなくていい環境を味わったら元には戻れないです。

フリーランスのデメリットは不安定であること

フリーランスになってから困ったことは収入に波があることです。

先月は30万円稼げたけど、今月は10万円なんてこともあります。

会社員のように安定していないので、貯金ができない月もでてくるので覚悟は必要です。

フリーランスは好きなことで食べていける

文章が好きでライターになったので好きなことでご飯を食べていけるのはやりがいがありますし何より楽しいです。

好きなことで生きて生きたい方はフリーランスの道もありだと思います。

ただ、家族がいたりすぐに会社を離れることができない方もいらっしゃると思います。

そんな方はまずは副業としてはじめてみて養っていけるくらい稼げるようになったらフリーランスになるのがおすすめです。

わたしの場合は会社にいるのが苦痛でやめるしかなかったので退職しましたが根性で生活費を稼いでいました(笑)

フリーランスになる前に覚悟しておいたほうがいいこと

・税金の勉強は必須
・確定申告はめんどいけどやる
・社会的な信用は低い

この3点ですね。

もう少し詳しく解説します。

税金の勉強は必須

会社員のときは会社が全て税金を納めてくれていましたが、フリーランスになったら自分で税金を納めなくてはいけません。

そのため税金の勉強は必須といえます。

ただ本を1冊購入すれば知識が全て入るので税金の知識を勉強したい方は以下の本がおすすめです。

確定申告はめんどいけどやる

毎年確定申告はしなくてはいけないのでそれだけめんどいです。

ただ毎月経費と稼いだ金額を入力しておけばいいので会計ソフトで管理しておくとめちゃ便利です。

確定申告の月にまとめてやろうとすると徹夜になる可能性もあるので、あらかじめ管理しておきましょう。

わたしは会計ソフトのFreeeで管理しています。

社会的な信用は低い

お家を借りるときやカードをつくるときに信用がないと審査が通らないことがあります。

カードは作れると思いますが、お家を貸してもらえない可能性もあります。

収入がきちんとある証拠として確定申告の控えを証明書として使ったりするので確定申告はきちんとやっておきましょう。

デメリットもあるがやっぱりフリーランスがいい

デメリットもありますが、それでも私がフリーランスの道を選んでよかったと思います。

好きな時間に起きて、好きな時間に寝れる。

この生活はフリーランスならではだと思いました。

友だちや家族との予定も合わせやすいですし、自分が思い立ったときに旅行も行けちゃいます。

あとは平日にお出かけができるので人混みを避けることもできますね。

フリーランスの最大の魅力は自分の好きなように生活できることだと思います。

スポンサーリンク

目次
閉じる